あすか・生活訓練 秋の「句会」を開催しました

多機能型事業所あすか・生活訓練では、1119日に秋の「句会」を開催しました。句会は、春夏秋冬1回ずつ開催することが恒例となっています。今回は、季節が若干ずれましたが、「秋」をお題として句作に挑戦しました。

 

秋桜のキレイなすがた見ていたい

 

白たえのかそけき萩のにおえども

 

天高く青い空から落ち葉かな

 

秋の日にほわほわと読む小公子

 

さむい季節ひらりひらりと風の音

 

上を向き秋の季節にほほえんで

 

庭先やページにはさみ栞とす

 

青空にひらひらと舞う紅葉かな

 

おいしいな秋の味かくのさつまいも

 

こうようとじょうねつてきに生きてたい

 

渓流や湧き水すくい喉うるおす

 

秋晴れの見せてくれるよいろんな波

 

今回は、5名より12作品が投句されました。どれも、心のこもった力作ぞろいです。

句会では、相互に意見を出し合うことで俳句の解釈がより深まり、自分と自分を取りまいている世界を意味づけることができたと思います。

引き続き、冬の句会も行う予定です。参加した皆様、どうもありがとうございました。