エフエム山形 チャリティ・オークション 贈呈式が行われました

多機能型事業所やまびこと多機能型事業所あすかでは、2月2日に事業所内で、エフエム山形チャリティ・オークションの贈呈式が行われました。

Rhythm Stationが、昨年12月23日に天童市のイオンモール天童で実施した第29回チャリティ・オークションの売り上げをもとに、福祉用品を購入し県内の福祉施設に寄贈する取り組みで、厳正なる審査の結果、親和会では「やまびこ」と「あすか」に寄贈が決定したものです。その決定を受け、今回、贈呈式が開催されました。

「やまびこ」にはステッパーが、「あすか」にはエアロバイクと電動ウォーカーが寄贈されました。

↓「やまびこ」でいただいたステッパー↓

FMやまがた やまびこ

↓「あすか」でいただいたエアロバイクと電動ウォーカー↓

FMやまがた あすか贈呈式2

当日は、贈呈式のために、遠く山形市から、エフエム山形の代表取締役社長 桑嶋誠一様と営業部 阿部祐二様からお越しいただきました。

「やまびこ」では、1時過ぎに贈呈式が行われ、山本理事長及びやまびこの利用者、職員一同が式に臨みました。

武田管理者あいさつの後、桑嶋様より「このオークションは平成1年から始めて、今回で29回目になりました。昨年、天童イオンモールで開催し、お客様に購入していただいたお金をもとに、今回お贈りした福祉用品を購入し、9施設に寄贈しました。ぜひ、有効に活用していただきたいと思います。」と寄贈のお言葉をいただきました。

やまびこを代表して利用者の方が、桑嶋様より目録を受け取りました。

その後、理事長より「親和会は、通所施設が全5か所、グループホームが7か所あります。「やまびこ」は就労継続支援B型と生活訓練を行っていますが、今回は、生活訓練において、身体機能を高めるためにステッパーを応募しました。思いがけず当てることができ、大変うれしく思います。どうもありがとうございました。」とお礼を述べました。

FMやまがた やまびこ贈呈式

今回、寄贈されたステッパーは、生活訓練のサテライト施設に設置し、活用したいと思います。

その後、1時半から「あすか」にてエアロバイクと電動ウォーカーの贈呈式が行われました。FM山形社長の桑嶋様より、あすかの利用者の方が代表として目録を受け取りました。

FMやまがた あすか贈呈式

あすか利用者の方の運動不足解消と機能訓練のために活用したいと思います。

お越しいただいたエフエム山形の桑嶋様、阿部様をはじめとする関係者の皆様、オークションに参加された皆様に、心よりお礼を申し上げます。

ありがとうございました。